FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「古伝承を訪ねる会」第117回松原・三原・中百舌鳥 PART-2

第117回「古伝承を訪ねる会」松原・三原・中百舌鳥PART-2
柴籬神社 (シバガキ)(式外社)(式内社でない理由は不明。)(柴で囲ったミヤコの意)
 主祭神は反正天皇である。 比較的に貧素なミヤコ跡だが、河内に初めて都を置いた「丹比柴籬宮」と比定されている。
記紀では、反正帝は履中帝の弟で、水歯別(ミズハワケ)命と呼ばれ、一枚歯の美男である。産湯を使った井戸(淡路宮:端井)が近くにある筈だが、この南3.1kmの丹比神社の井戸がそれに該当すると地元では主張する。(大阪府の地名Ⅱ、平凡社1,117頁)当時の宮は平城京の様な大極殿や朝堂院が建ち並ぶ都でなく、天皇と王権を支える豪族達は別々の居住地で勢力を持っていたので、宮跡の検出は至難で、史学的には立証されていない。柴籬神社の辺りは、宮号を引き継いだ字名や、神社の西方に「反正山(ハジヤマ)」の地名が残っている等から、宮跡の有力な候補地である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

古伝承を訪ねる会

Author:古伝承を訪ねる会
へようこそ!

                
駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。