FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「古伝承を訪ねる会」第117回松原・三原・中百舌鳥PART-6

第117回「古伝承を訪ねる会」松原・三原・中百舌鳥PART-6
黒姫山古墳
 1947年、末永雅雄等により発掘調査された前方後円墳である。 L:114m,前方部W:64m,後円部D:67m,H:11mの大きさで、5c中頃成立の古墳との事である。前方部の石室(武器埋納庫)から立派な鋲留加工をした鉄製鎧兜が24領も出土した。石室の構造や戦術が想定できる珍しい前方後円墳である。後円部の埋葬施設は盗掘により破壊され原型を留めない。被葬者については、延喜式に「仁賢帝の陵が丹比郡にある」と見える事から、伴林光平は「河内国陵墓図」に、仁賢陵と比定している。しかし、仁賢帝の古事記崩御年が489年で、時代が合わず、崩御年では反正帝が437年、允恭帝が454年であるので、「倭5王中期にいた丹比氏の首長の墓であろう」とされている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

古伝承を訪ねる会

Author:古伝承を訪ねる会
へようこそ!

                
駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。