FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「古伝承を訪ねる会」第120回出石・宮津PART-10

第110回-PART-10
竹野神社
 丹波の大県主(おおあがたぬし)由碁理(ゆごり)の娘の竹野媛は開化天皇の妃となり、比古由牟須美命(ひこゆむすみ のみこと)を生んだと開化記に見える。開化紀6年条にも「天皇、丹波竹野媛を納れて妃とした給う」と見える。社伝によれば、その竹野媛が年老いて郷里に帰り、天照大神を奉祀したのが当社の創建とされる。
竹野神社は、「延喜式神名帳」では「大社」の社格を持ち、天照大神を祭神として祀っているが、一般には「斎宮」と呼ばれている。
本殿と並ぶ境内摂社斎宮神社に、竹野媛命が日子坐王命・建豊波豆良和気命と共に祀られているためである。鬼退治をしたと伝えられる麻呂子皇子も斎宮神社に合祀されているという。代々神社の神官を勤めてきた桜井家は、麻呂子皇子の鬼退治に従って功を成した人物の子孫と伝えられている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

古伝承を訪ねる会

Author:古伝承を訪ねる会
へようこそ!

                
駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
AD
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。